キャビテーション自宅用を比較する3つのポイント!買いはどれ?

キャビテーション自宅用って結構種類が出てきましたよね。 色々あって迷ってしまう人に3つのポイントで比較したおススメを紹介します。

キャビテーション 自宅用 比較

キャビテーション自宅用を比較するには?
キャビテーションが高額なエステだけで受けられる時代は終わりました。


今は自宅用の機器で気軽にセルフキャビテーションの時代です。

各メーカーから様々なキャビテーション機器の自宅用が発売されていますね。

ボタンをポチっと押してあてがうだけの簡単操作で高い効果が期待できるとあって注目を集めています。

でも、キャビテーションの自宅用機器って「種類が結構あって比較をしてみても決め手にかける・・」なんて悩みませんか?

どれも似たり寄ったりに見えますもんね。

icon_title_hikken.png
ここではそんなキャビテーションの自宅用機器を3つの軸で比較していきます。

あなたに合うアイテムがきっと見つかるはずです。
 

キャビテーション自宅用に求められる3つのポイントとは?


キャビテーション自宅用に求める3つのポイントは明確です。
icon_star_d_on.png脂肪を燃やす手段があるか?

icon_star_d_on.png自宅用として『どこでも』使えるか?

icon_star_d_on.png価格は妥当なのか?
順に説明していきます。
 

その1『脂肪を燃やす手段があるか?』

痩せるために筋肉を鍛えることは重要です。
脂肪を燃やす手段。
結論から言えば『EMS』がついているかどうか?
ここがポイントになります。

キャビテーションは簡単に言えば脂肪を分解、溶かすというものです。

さて、この分解された脂肪はいわばゴミ。
一部は体外に排出されていくのですが、効率よく排除するには体の持つ代謝機能で燃焼する必要があります。

そこで役に立つのが『筋肉』。
鍛えられた筋肉は脂肪代謝力に優れています。

ダイエットに筋トレが有効と言われるのはこれが関係しているんです。

そしてこの筋肉を短時間で簡単に鍛えることができるのが『EMS』なんです。
EMSは筋肉に電気を流し伸縮運動を強制的に行わさせる機能。

ダイレクトに筋肉だけど動かすことができるので体に負担をかけることがなく筋肉を鍛えれるんです。

icon_title_point.png
キャビテーション自宅用にEMSがついているかというのは、比較する上で重要なポイントです。
 

その2『自宅用としてどこでも使えるか?』

キャビテーション自宅用比較ポイントは利便性の高さ
キャビテーション自宅用に求めるものってなんですか?

『自宅のどこでも気軽にできるという使いやすさ』ではないでしょうか?

コードがついていてコンセントの近くでないと使えない。
防水じゃないから風呂場では使えない。

これでは論外です。比較対象にすら入りません。
選んだところで、使いづらくて続かないという結果が待っています。

icon_title_point.png
自宅用なら使う場所を選ばないということも大事な比較ポイントなんです。
 

その3『価格は妥当なのか?』

キャビテーション自宅用を比較するポイントは価格と性能の妥当性
最後のポイントは価格ですよね。

高機能で安いにこしたことはありません。

icon_title_point.png
ちょっと極論なので、『性能と価格があっているか?』

これもキャビテーション自宅用を比較するには大切ですね。
 

それではおススメのキャビテーション自宅用はどれ?


ここまで紹介した3つのポイントをマッチしたキャビテーション自宅用はズバリ2つ!
その理由とあわせて紹介します。
※価格情報は全て税別です。
 
1位 ボニックプロ
ボニックプロ

ライザップでお馴染みの健康コーポレーションが放つキャビテーション自宅用です。
RF、キャビテーション、EMSの3大機能はしっかり搭載。
コードレスに防水と文句無しの高品質、高性能です。

そして最大の魅力が価格です。
本体価格は定価で18,000円とこの機能では最も安いんです。

公式サイトのキャンペーンの割引もあり。
消耗品のボディジェル定期購入と合わせて購入することで本体価格が3,980円と破格値になるんです。

求める機能を全て搭載しながら、価格面で優秀。
ボニックプロは一番のおススメになるわけです。

弱点は顔、胸には使えないというところでしょうか。

icon_titleB_03.pngボニックプロの購入詳細はこちらの公式特設サイトから

2位 キャビスパRFコアEX
HRF18.jpg

美容家電のパイオニア。
ヤーマンが送る最高級にして最高性能のキャビテーション自宅用です。

RF、キャビテーション、EMSの3大機能はこちらも搭載しています。
もちろんコードレスに防水。
選んで絶対に間違いのない一品です。

そして最大の魅力は顔にも胸にも使えるんです。
全身くまなく使用したいのであればキャビスパRFコアEX以外に選択肢はありません。

ただ一つ欠点をあげるとすれば『高価』だということでしょうか。

キャビスパにはいくつかモデルがあります。
ここにあげた全ての機能をもっている『RFコアEX』の価格は45,000円

もちろん公式サイトからの割引キャンペーンを利用すれば割引価格で購入することも可能。
最安値37,000円になります。

ボニックプロの価格にはかなわないので、胸と顔に使うつもりがなければ『ボニックプロ』が妥当です。

icon_titleB_03.pngキャビスパRFコアEXの購入詳細はこちらの公式特設サイトから


いかがでしょうか。
キャビテーション自宅用はこれ以外にもあります。
しかし、紹介した2つの機種なら『間違いない機能』を持っています。
 

比較対象に入らなかかったキャビテーションは何がダメ?

美ルルキャビスタ

belulu CaviStyle(美ルル キャビスタ)

実売価格2万円を切っているのでボニックプロと同じく価格面が優秀。
・・・なのですが『EMS』がついていません。
使用後にちゃんと運動をするなどフォローをすれば優秀なキャビテーションです。
でも、これを買うならボニックプロでいいわけで・・・残念!

上位機種の『美ルル キャビ』というのがあり、これは『EMS』搭載です。
ただ、残念ながら『防水じゃない』上に、価格が27,500円と高い・・・。
何かこだわりでも無い限り選ぶ意味はありません。

キャビプラス

キャビプラス

RF、キャビテーション、EMSと三拍子揃っています。
おススメにならなった理由は価格が24,800円〜と高いんです。
しかもコードレスじゃないので、気軽な自宅用としては致命的なんです・・・。
うーん。こちらも残念!!
ボニックプロに軍配があがりました。


この2点のキャビテーション自宅用が決して悪いわけではありません。
でも、単純に自宅用として求めるべき機能と価格から比較すると「・・・」な感じです。
 

もう一度おさらいです。


キャビテーション自宅用を比較するには以下3つのポイントを重視してみて下さい。
icon_star_d_on.png脂肪を燃やす手段があるか?

icon_star_d_on.png自宅用として『どこでも』使えるか?

icon_star_d_on.png価格は妥当なのか?
キャビテーションは高額エステだけのものではなくなりました。
自宅用でもしっかりと継続して使い続けることで結果は間違いなくついてきます。

今回の比較を参考に、あなたにとってベストな1台を見つけてみて下さいね!

icon_titleB_03.png【公式サイトで確認する?】今回の一押し!機能と安さの両立!ボニックプロはこちら
ボニックプロ

icon_titleB_03.png【公式サイトで確認する?】最高峰を求めるならキャビスパRFコアEX!詳細はこちら



>>運営者情報
  • トップページ